遺産相続、家系図、愛知県、アスリート行政書士法人

相続放棄とは


 相続放棄とは、被相続人の残した財産や借金を引き継ぐ権利のある
 相続人が、それら財産や借金の相続を「引き継ぎません」と、宣言する
 ことを言います。

 相続放棄は、相続開始を知った日から、3ヶ月以内に家庭裁判所に
 申述しなくてはいけません。

 財産には、「不動産」や「現金」「株式」「自動車」などのプラスの財産
 あれば、借金や住宅ローンなどのマイナス財産も存在します。
 
 また、借金のみならず、損害賠償請求権や損害賠償責任も相続の対象に
 なってしまいます。

 一般的に、借金だけを相続して損はあっても得はしないので、それを相続する
 こと自体を放棄することが可能です。
 
 

相続放棄の条件


 相続放棄には、条件がいくつかあります。
 前述の通り、相続人は相続開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に
 相続放棄の申述をしなければなりません。

 相続人が複数いる場合は、一部の人だけが放棄することも可能ですし、
 全員放棄というのも可能です。つまり、一人でも相続放棄は可能なのです。

 ただし、相続では「これは相続するけど、これは相続しない」ということは
 原則できません。

 つまり、「すべてを相続するか」「すべてを相続放棄するか」しかないのです。

 ですから、どんなに遅くとも3ヶ月以内には、「相続財産額がプラスなのか
 マイナスなのか」は、確認できる調査をしなければいけません。

 なお、相続人が自己のために相続の開始があったことを知ったときから、
 3か月以内に相続財産の状況を調査しても、なお相続を承認するか、
 放棄するかを判断する資料が得られない場合には、申立てにより、
 家庭裁判所はその期間を伸ばすことができます。
 


 
相続に関するご相談は、こちらからどうぞ!

愛知県相続手続センター 無料相談はこちらから
お問合せは、フリーダイヤル 0120-021-409
事務所案内  >事務所へのアクセス  >所員プロフィール  >サポート料金

 >トップページ へ 戻る 

※行政書士には、国家資格者としての守秘義務があります。
 お客様からご相談いただいた個人情報は厳密に管理させていただきます。