遺産相続、家系図、愛知県、アスリート行政書士法人

限定承認とは


 限定承認とは、被相続人の残した財産において、プラスの財産とマイナスの
 財産があった場合に、プラスの財産の限度においてマイナスの財産も相続し、
 それ以上のマイナスの財産を相続しない方法です。


 限定承認にも、いくつか条件があります。

 ひとつは、相続人が相続開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に
 限定承認の申立をしなければならないことです。
 この際に、相続人が複数名いる場合、相続人全員が一致する必要があります。

 もしも、3ヶ月を超えてしまった場合は、原則としてプラスの財産も、マイナスの
 財産もすべて相続する「単純承認」をしたとみなされます。

 限定承認の申立てのサポートも行っております。まずは、お問合せください。
 また、3ヶ月過ぎてしまった場合、条件によっては相続放棄できる場合が
 あります。この場合も、まずは相続相談にお越し下さい。 


 
相続に関するご相談は、こちらからどうぞ!

愛知県相続手続センター 無料相談はこちらから
お問合せは、フリーダイヤル 0120-021-409
事務所案内  >事務所へのアクセス  >所員プロフィール  >サポート料金

 >トップページ へ 戻る 

※行政書士には、国家資格者としての守秘義務があります。
 お客様からご相談いただいた個人情報は厳密に管理させていただきます。